家出掲示板全員に聞きたいと思います

気軽に出会えるサイトを使う人達に問いかけてみると、大半の人は、寂しいと言うだけで、短い間でも関係が築ければ、別に構わないと言う考え方で出会い系サイトを選択しています。
つまりは、キャバクラに行く料金ももったいなくて、風俗にかけるお金も使いたくないから、料金が発生しない家出掲示板で、「乗ってきた」女性で安価に間に合わせよう、とする男性が家出掲示板を使用しているのです。
その一方で、女性サイドは少し別の考え方を有しています。
「すごく年上の彼氏でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系サイトに手を出している男性は皆そろってモテないような人だから、美人とは言えない自分でも意のままにできるようになるかもしれない!思いがけず、タイプの人に出会えるかも、気持ち悪い人は無理だけど、タイプだったら会いたいな。女性のほとんどがこのように考えています。
単純明快に言うと家出 掲示板女性は男性の顔面偏差値かお金が目的ですし、男性は「安い女性」をねらい目として家出掲示板を働かせているのです。
どっちも、できるだけお金をかけずにお買い物がしたくて出会いを追いかけているようなものです。
そうやって、家出掲示板を使用していくほどに、男共は女を「商品」として見るようになり、女性も自分自身を「品物」として取りあつかうように転じていってしまうのです。
家出掲示板を使用する人の感じ方というのは、女性をだんだんと人間から「物」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。
筆者「第一に、みんなが出会い系サイトを利用して異性と交流するようになったのはなぜか、全員に聞きたいと思います。
集まってくれたのは、高校中退後、五年間引きこもり生活をしているA、サイドビジネスで暮らそうとまだ上手くはいっていないB、小さな芸能プロダクションで指導を受けつつ、アクション俳優を目指すC、出会い系サイトをやり尽くした自称する、フリーターのD、ほかにも、新宿二丁目で水商売をしているE。
誰もが二十代の前半です。
A(自称自宅警備員)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットをいろいろ見てたらすごいタイプの子を見つけて向こうからアプローチくれたんですよ。そこであるサイトのアカウントをゲットしたら、直接コンタクト取ろうって話だったので、登録しましたね。そしたらその子からメールの返事が来なくなったんです。ただ、他にも女性はたくさんいたので気にならなかったですね。」
B(内職中)「最初の方はやっぱり自分もメールしたくて。見た目で惹かれて一目ぼれでしたね。親しくなりたいと思って、アカウントゲットしました。そのサイトの場合、ツリの多いところで女性会員ともやり取りできたので、特に変化もなく利用しています。
C(俳優志望)「私の場合、役作りの参考になるかなと思って始めましたね。出会い系サイトが離れられないような人の役をもらって、それで自分でもハマりました」
ティッシュ配りD「僕の体験ですが、友人で早くから使っていた人がいて、お前もやってみろって言われているうちに始めた感じですね」
極めつけは、トリとなるEさん。
この人については、ちょっと特殊な例なので率直に言って他の人とは蚊帳の外でしたね。

関連記事