Monthly Archives: 4月 2016

男性は「低コストな女性」を目標に出会い系サイトを活用しているのです熟女掲示板50代

筆者「早速ですが、各々出会い系サイトに女性を探すようになったきっかけを全員に聞きたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、最終学歴中卒で、五年間自宅警備員を続けてきたというA、せどりで収入を得ようと考えているものの苦労しているB、規模の大きくない芸能事務所でレッスンを受けてアクションの俳優になりたいC、出会い系サイトのすべてを知り尽くした名乗る、ティッシュ配りのD、あと、新宿二丁目で水商売をしているE。
5人全員二十代の前半です。
A(普段は自宅から出ない)「俺は普段ずっと家にいるんですが、ネットしてたらめっちゃ可愛い子を見つけて向こうからメールもらったんですよ。それからhttp://www.waitingforcargo.net/あるサイトに会員登録したら、直接連絡取る方法教えるってことだったので、会員登録したんです。その後は熟女出会い系サイトでも連絡できなくなっちゃいましたね。けど、他にも可愛い人出会いはあったので」
B(内職中)「登録してスグはやっぱり、自分もメールがきっかけでしたね。すごいきれいな人でどストライクだったんです。もっとよく知りたいからアカウント作って。そのサイトってのが、サクラの多いところだったんですが、会えたこともあったので、そのままちゃんと利用しています。
C(プロダクションで訓練中)「私はというと、色んな人物を演じられるよう、始めましたね。出会い系サイトを利用するうちに様々な女性に会う役になって以降ですね」
ティッシュ配りのD「僕のきっかけは、友人で早くから使っていた人がいて、勧められて始めた感じですね」
そうして、最後に語ってくれたEさん。
この方に関しては、オカマだったので、率直なところ参考にはならないかと。
出会いを求めるネットの場を使っている人達に問いかけてみると、ほとんどの人は、ただ人恋しいという理由で、一瞬の関係が築ければ別に構わないと言う見方で熟女出会い系サイトをチョイスしています。
要は、キャバクラに行くお金をかけたくなくて、風俗にかけるお金も払いたくないから、お金がかからない出会い系サイトで「ゲットした」女の子でリーズナブルに済ませよう、と思いついた中年男性が出会い系サイトのユーザーになっているのです。
また、「女子」陣営では全然違う考え方を潜めています。
「相手とすごく年齢が離れていてもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってる男性はだいたいがモテないような人だから、平均程度の女性でも思い通りに扱えるようになるよね…思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、中年親父は無理だけど、イケメンだったら会いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
一言で言うと、女性は男性の見栄えか経済力が目当てですし、男性は「低コストな女性」を目標に熟女熟女出会い系サイトを活用しているのです。
どちらにしろ、お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを望んでいるようなものです。
そのようにして、出会い系サイトを使いまくるほどに、男達は女を「もの」として価値づけるようになり、女達も自らを「もの」として取りあつかうように考えが変わってしまうのです。
熟女出会い系サイトを用いる人の頭の中というのは、じんわりと女を精神をもたない「物質」にしていく部類の危険な「考え方」なのです。
ネット上のサイトは、偽りの請求などの悪質な手口を活用して利用者の財布から掠め取っています。
そのやり方も、「サクラ」を活用したものであったり、本来利用規約が不誠実なものであったりと、多様な方法で利用者を引っ掛けているのですが、警察が泳がせている割合が多い為、まだまだ捕まっていないものがいくらでもある状態です。
時に最も被害がヘビーで、危険だと推定されているのが、児童との売春です。
無論児童売春はご法度ですが、出会い系サイトの一端のよこしまな運営者は、暴力団と関係して、知りながらこの児童を使ったやり口で利用ユーザーから大金を掻き集めています。
この場合に周旋される女子児童も、母親から送られた「物」であったり止むを得ない事情のある人物であったりするのですが、暴力団は自身の利益の為に、容赦なく児童を売り飛ばし、出会い系サイトと協力して上前を撥ねているのです。
わけありの児童に止まらず暴力団とつながった美人局のような手下が使われている形式もあるのですが、往々にして暴力団は、女性を商品にして使うような犯罪に関与しています。
ちなみに短兵急で警察が査察すべきなのですが諸般の兼ね合いがあって依然として取り締まりの対象にならない状況なのです。

熊本スワッピングまだフィルターにかからないメールアドレスを作成してメールを送るだけなのです

筆者「最初に、全員がスワッピング掲示板に異性と交流するようになったのはなぜか、全員に聞きたいと思います。
集まってくれたのは、高校中退後、五年間引きこもり生活をしているA、転売で儲けようと頑張っているB、小規模の芸能事務所でレッスンを続けて、アクション俳優になろうとしているC、すべての出会い系サイトを網羅すると余裕たっぷりの、街頭でティッシュを配るD、加えて、新宿二丁目で水商売をしているE。
5人全員二十代の前半です。
A(普段は自宅から出ない)「俺は引きこもってるんですけど、ネットをしていたらめっちゃ可愛い子を見つけて向こうからメールもらったんですよ。したら、あるサイトのIDをつくったら、携帯のメール送っていいって言われてユーザー登録しました。それからは直メもできなくなったんです。それでも、見た目が悪くない女性は他にもいたので」
B(せどりに)「登録してスグはやっぱり、自分も直メしたくて。女優並みにきれいな人がいてどストライクだったんです。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトの場合、出会えないケースが多いって話だったので、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、未だに使い続けています。
C(アクション俳優を目指す)「私についてですが、役作りの参考になるかなと思ってアカ取得しました。出会い系サイト利用にさんざん悪用する役をもらって、私も浸っています。
D(パート)「僕はですね、友人で早くから使っていた人がいて、話を聞いているうちにどんどんハマっていきました」
加えて、5人目となるEさん。
この人については、オカマですので、正直なところ一人だけあまり参考にはならないでしょう。
「出会い系サイトに登録したらたくさんメールが貯まるようになってしまった…何がいけないの?」と、困惑した覚えのある方も多いでしょう。
筆者も苦い体験があり、そういったメールが来るのは、利用したスワッピング掲示板が、知らないうちに数か所にまたがっている可能性があります。
このように推しはかるのは、ほとんどのスワッピング掲示板は、システムが勝手に、他のサイトに保存された個人情報をそのまま別のサイトに横流ししているからです。
当然ながらこれは利用する側の意図ではなく、完全に自動で流出するケースがほとんどなので、使っている側も、システムも分からないうちに、何か所かから勝手な内容のメールが
さらに言うと、自動で登録されているケースの場合、退会すればいいのだと安直な人が多いですが、退会手続きをしたって無意味です。
そのまま、サイトを抜けられず、他の業者に情報が流れ続けます。
アドレスを拒否しても大きな変化はなく、まだフィルターにかからないメールアドレスを作成してメールを送るだけなのです。
一日で受信箱が満タンになるほどメールが来るケースでは、ガマンしないで今のメールアドレスをチェンジする以外にないので怪しいサイトは避けましょう。
出会いを見つけるネットサイトには、法を破らないようにしながら、ちゃんと運営している安全なサイトもありますが、悔しいことに、そのような安全なサイトはこく一部です。
そのわずかなグループを除いたサイトは、見たらすぐに詐欺だと分かる行為を当然のようにやっており、中年男性を騙しては搾取し、騙しては搾取しを何回も繰り返します。
言うまでもなくこんなことが法で許されているはずがないのですが、出会い系サイト運営を仕事にしている人は逃げるのが得意なので、IPを定期的に変えたり、事業登録しているアドレスを何度も移転させながら、警察にバレる前に、住み処を撤去しているのです。
このような逃げるプロは詐欺師が多いので、警察が違法なスワッピング掲示板を押さえられずにいます。
すぐさまなくなってしまうのが人々のためなのですが、詐欺サイトは全然なくなりませんし、どうも、中々全ての法的に問題なサイトを消すというのは大変な作業であるようなのです。
法に引っかかるスワッピング掲示板がいつまでも人々に詐欺行為をしているのをやりたい放題させておくのは腹がたちますが、警察のネット警備は、一歩ずつふうふこうかん間違いなくその被害者を救出しています。
長期戦になるかもしれませんが、パソコンの中に広がる世界から詐欺サイトを片付けるには、そういう警察の調査を頼って待つしかないのです。